一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)受動喫煙曝露における格差-アメリカ、1988~19・・・

MMWR抄訳

rss

2008/07/11Vol. 57 / No. 27

MMWR57(27):744-747
Disparities in Secondhand Smoke Exposure - United States, 1988-1994 and 1999-2004

受動喫煙曝露における格差-アメリカ、1988~1994、1999~2004年

受動喫煙(SHS)暴露は非喫煙成人では心疾患や肺癌、小児では乳幼児突然死症候群や急性気道感染症、中耳疾患、喘息増悪を引き起こす可能性がある。米国では職場内や公共の場での禁煙を制定した法規・方針の拡大により、1980年代後半から2002年にかけてSHS曝露は約70%低下した。非喫煙成人の主要なSHS曝露源は家庭と職場であるが、小児は家庭が主な曝露源であるため職場や公共の場での禁煙による影響が少ない可能性がある。非喫煙小児・青少年・成人におけるSHS曝露率の変化を評価するため、National Health and Nutrition Examination Surveys(NHANES)の1988~1994年と1999~2004年のデータを分析した。非喫煙者のSHS曝露はコチニン(SHS曝露の生物学的指標)の血清中濃度により 評価し(SHS曝露:検出可能血清中コチニン濃度[0.05ng/mL]以上)、家庭内でのSHS暴露は自己報告に基づいて評価した(SHS曝露:少なくとも家族1名が家庭内で喫煙)。4歳以上の非喫煙者(1988~1994年:17,261名、1999~2004年:17,931名)における家庭内SHS曝露率は1988~1994年の20.9%から1999~2004年には10.2%へ、血清コチニン濃度で評価したSHS曝露率も83.9%から46.4%へと有意に低下した(低下率:それぞれ51.2%、44.7%)。両曝露率とも全てのサブグループ(性、年齢、人種/民族、貧困所得比)で有意な低下がみられた。年齢別にみた場合、血清コチニン濃度で評価した1999~2004年の曝露率は4~11歳群(60.5%)と12~19歳群(55.4%)が20歳以上群(42.2%)に比べ有意に高く、低下率は4~11歳群(28.1%)と12~19歳群(35.1%)が20歳以上群(49.5%)に比べ小さかった。また1999~2004年の家庭内SHS暴露率も4~11歳群(23.8%)と12~19歳群(19.5%)が20歳以上群(5.9%)に比べ有意に高かった(低下率:それぞれ37.7%、44.9%、59.8%)。今後もSHS曝露のサーベイランスを続けるともに、小児におけるSHS曝露低下戦略を検討する必要がある。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/sgr_2006/index.htm>.
  • California Environmental Protection Agency. Proposed identification of environmental tobacco smoke as a toxic air contaminant. Sacramento, CA: Office of Environmental Health Hazard Assessment; 2005. Available at <http://www.arb.ca.gov/regact/ets2006/ets2006.htm>.
  • World Health Organization International Agency for Research on Cancer. Monographs on the evaluation of carcinogenic risks to humans. Volume 83: tobacco smoke and involuntary smoking. Lyon, France: IARC Press; 2004.
  • Pirkle JL, Bernert JT, Caudill SP, Sosnoff CS, Pechacek TF. Trends in the exposure of nonsmokers in the U.S. population to secondhand smoke. Environ Health Perspect 2006;114:853-8.
  • Pickett MS, Schober SE, Brody DJ, Curtin LR, Giovino GA. Smoke-free laws and secondhand smoke exposure in US non-smoking adults, 1999-2002. Tob Control 2006;15:302-7.
  • National Center for Health Statistics. Health, United States, 2006. With chartbook on trends in the health of Americans. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2006. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/hus/hus06.pdf>.
  • CDC. State-specific prevalence of smoke-free home rules-United States, 1992-2003. MMWR 2007;56:501-4.
  • Jarvis MJ, Goddard E, Higgins V, Feyerabend C, Bryant A, Cook DG. Children’s exposure to passive smoking in England since the 1980s: cotinine evidence from population surveys. BMJ 2000;321:343-5.
  • Wagenknecht LE, Manolio TA, Sidney S, Burke GL, Haley NJ. Environmental tobacco smoke exposure as determined by cotinine in black and white young adults: the CARDIA study. Environ Res 1993;63: 39-46.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs- 2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/stateandcommunity/best_practices>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ