一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)BioSenseシステムを利用した山火事の健康への・・・

MMWR抄訳

rss

2008/07/11Vol. 57 / No. 27

MMWR57(27):741-744
Monitoring Health Effects of Wildfires Using the BioSense System - San Diego County, California, October 2007

BioSenseシステムを利用した山火事の健康への影響のモニタリング-カリフォルニア州サンディエゴ、2007年10月

2007年10月21~26日にカリフォルニア州サンディエゴで発生した山火事は、広範囲の土地に被害を及ぼし30万人以上が避難した。この報告では、サンディエゴの6ヶ所の病院から救急診療部(ED)で受信した患者の主訴情報と医師の診断コードの報告を受けているCDC BioSenseシステムのデータに基づき山火事の健康への影響を分析した結果のうち、呼吸器疾患(特に喘息、気管支炎、胸痛、咳、呼吸困難)に関して述べる。これら6病院における呼吸器疾患を主訴とした1日あたりのED受診者数は山火事発生前20日間(9月24日~10月19日のウィークデー)と山火事が発生した5日間(ウィークデー)でそれぞれ134.1例、163.2例、喘息はそれぞれ6.8例、19.2例、呼吸困難は48.6例、72.6例であり、山火事発生後に受診者数が有意に増加した。また山火事発生時には発生前に比べ呼吸器疾患、喘息、呼吸困難と診断されたED受診者の数も1日あたりそれぞれ30.3例(山火事前:117.8例、後:148.0例)、18.7例(それぞれ21.7例、40.4例)、7.3例(16.3例、23.6例)増加した。緊急事態発生中、健康被害の分析、対策の計画やその適切性の評価を行うために必要なタイムリーな情報を入手するため、地域、州、連邦の公衆衛生担当者は協力して自動サーベイランスシステムの拡大と監視を続ける必要がある。

References

  • County of San Diego. 2007 San Diego County firestorms after action report. San Diego, CA: County of San Diego, Office of Emergency Services; 2007. Available at <http://www.sdcounty.ca.gov/oes/docs/2007_SanDiego_Fire_AAR_Main_Document_FINAL.pdf>.
  • CDC. Morbidity surveillance after Hurricane Katrina-Arkansas, Louisiana, Mississippi, and Texas, September 2005. MMWR 2006;55:727-31.
  • CDC. BioSense-a national initiative for early detection and quantification of public health emergencies. MMWR 2004;53(Suppl):53-5.
  • CDC. Syndrome definitions for diseases associated with critical bioterrorism-associated agents, October 23, 2003. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2003. Available at <http://www.bt.cdc.gov/surveillance/syndromedef/word/syndromedefinitions.doc>.
  • CDC. BioSense real-time hospital data user guide, application version 2.08. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/biosense/files/cdc_biosense_biosense_hospital_data_user_guide_v2.11.doc>.
  • Hutwagner L, Thompson W, Seeman GM, Treadwell T. The bioterrorism preparedness and response Early Aberration Reporting System (EARS). J Urban Hlth 2003;80(2 Suppl 1):i89-96.
  • Sutherland ER, Make BJ, Vedal S, et al. Wildfire smoke and respiratory symptoms in patients with chronic obstructive pulmonary disease. J Allergy Clin Immunol 2005;115:420-2.
  • CDC. Surveillance of morbidity during wildfires-central Florida, 1998. MMWR 1999;48:78-9.
  • CDC. Leveraging syndromic surveillance during the San Diego wildfires, 2003. MMWR 2005;54(Suppl):190.
  • CDC. Wildfires fact sheet. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.bt.cdc.gov/disasters/wildfires/facts.asp>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ