一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)至適フッ素添加公共飲料水の摂取人口-アメリカ、19・・・

MMWR抄訳

rss

2008/07/11Vol. 57 / No. 27

MMWR57(27):737-741
Populations Receiving Optimally Fluoridated Public Drinking Water - United States, 1992-2006

至適フッ素添加公共飲料水の摂取人口-アメリカ、1992~2006年

CDCは、飲料水へのフッ素添加を20世紀の10大公衆衛生事業のひとつと考えている。米国における過去60年間の虫歯の罹患率と重症度の低下には、フッ素使用の増加が大きく貢献している。公共飲料水へのフッ素添加は公平で費用効果の高いフッ素供給法であり、Health People 2010では地域水道システム利用者における至適フッ素添加水供給率を75%に増加させることが目標のひとつとなっている。CDCは2000年に報告された米国におけるフッ素添加に関する情報を更新・改訂し、Healthy People 2010目標達成への進展状況を評価するため、50州およびワシントンDCにおける1992~2006年のWater Fluoridation Reporting System(WFRS)に報告されたデータを分析した。米国の地域水道システム利用者における至適フッ素添加水供給率は1992年62.1%、2000年65.0%、2006年69.2%であった。その割合は州によってかなりの差があり、2006年の州別供給率は8.4%(ハワイ州)~100%(ワシントンDC)であった(中央値:77.0%)。2006年の供給率がHealthy People 2010目標値(75%)を達成したのは、25州とワシントンDCのみであった。1992~2006年の間に39州は至適フッ素添加水供給率が増加したが、10州は低下した。至適フッ素添加飲料水の供給率が低い州の公衆衛生局と政策立案者は、虫歯予防のため地域水道システムへのフッ素添加促進に関する取り組みを強化するべきである。

References

  • US Department of Health and Human Services. Oral health in America: a report of the Surgeon General. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, National Institute of Dental and Craniofacial Research, National Institutes of Health; 2000. Available at <http://silk.nih.gov/public/hck1ocv.@www.surgeon.fullrpt.pdf>.
  • Truman BI, Gooch BF, Sulemana I, et al. Reviews of evidence on interventions to prevent dental caries, oral and pharyngeal cancers, and sports-related craniofacial injuries. Am J Prev Med 2002;23 (suppl 1):21-54.
  • Griffin SO, Jones K, Tomar SL. An economic evaluation of community water fluoridation. J Publ Health Dent 2001;61:78-86.
  • CDC. Populations receiving optimally fluoridated public drinking water-United States, 2000. MMWR 2002;51:144-7.
  • US Department of Health and Human Services. Oral health; 21-9: increase the proportion of the U.S. population served by community water systems with optimally fluoridated water. In: Healthy people 2010: understanding and improving health. 2nd ed. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/volume2/21oral.htm>.
  • US Census Bureau. Population, population change and estimated components of population change: April 1, 2000 to July 1, 2007. Washington, DC: US Census Bureau; 2007. Available at: <http://www.census.gov/popest/datasets.html>.
  • Crall JJ. Rethinking prevention. Pediatr Dent 2006;28:96-101;192-8.
  • Griffin SO, Regnier E, Griffin PM, Huntley V. Effectiveness of fluoride in preventing caries in adults. J Dent Res 2007;86:410-5.
  • CDC. Fact sheet on questions about bottled water and fluoride. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/fluoridation/fact_sheets/bottled_water.htm>.
  • CDC. Building capacity to fluoridate: literature review. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2003. Available at <http://www.cdc.gov/fluoridation/pdf/fluoride_campaign_lit_review.doc>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ