一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)西ナイルウイルス活性-アメリカ、2007年

MMWR抄訳

rss

2008/07/04Vol. 57 / No. 26

MMWR58(26):720-723
West Nile Virus Activity - United States, 2007

西ナイルウイルス活性-アメリカ、2007年

西ナイルウイルス(WNV)はアメリカにおけるアルボウイルス脳炎の主な原因であり、1937年にアフリカで初めて発見された。西半球では1999年にニューヨーク市で初めて認められ、その後、熱性疾患や神経系疾患の季節的流行を引き起こしている。今回、2007年にCDCに報告されたWNVサーベイランスデータがまとめられ、ヒトまたは動物へのWNV感染は過去に感染報告のなかった19郡に拡大し、過去に報告のあった1,148郡に再発生した。2007年におけるヒトWNV疾患は44州の775郡(アメリカ全体3,142郡の25%)から合計3,630症例が報告され、うち1,227例(34%)はWNV神経侵襲性疾患(WNND)、2,350例(65%)は西ナイル熱(WNF)、53例(1%)は不特定疾患であった。また、西ナイルウイルス血症ドナー推定例(PVD)はスクリーニングにより352例確認されている[無症候性:281(80%)、WNND発症例:5(1%)、WNF発症例:66(19%)]。WNND発生率はアメリカ全体では10万人あたり0.4(2006年:0.5、2005年:0.4、2004年:0.4)であり、中西部の郡にて高く、ノースダコタ州(10万人あたり7.7例)、サウスダコタ州(6.2)、ワイオミング州(4.6)、モンタナ州(4.0)、コロラド州(2.2)の順であった。WNND発生率のピークは8月第1週であり、1,086例(89%)が7~9月に報告されており、この傾向は過去7年間と一致していた。WNND患者1,227例の年齢中央値は57歳(1ヶ月齢~97歳)、729例(59%)が男性であった。入院例は1,089例(89%)、117例[10%、77(43~96)歳]が死亡し、疾患分類は脳炎:765(62%)、髄膜炎:452(37%)、急性弛緩性麻痺:63(5%)であり、うち53例は併発例であった。また2007年、WNVに感染して死亡した鳥類は35州315郡およびプエルトリコにて計2,182羽報告され、うち28州157郡およびプエルトリコではヒトでの感染は報告されていない。カラスが1,690羽(77%)を占め、1999年以来、WNV感染は321の鳥類に確認され、ヒト以外の哺乳類での感染は507件報告された[ウマ:471(93%)、その他:36(7%、リス:27、イヌ:5、種不明:4)]。WNVが陽性の蚊プールは39州371郡、ワシントンDCおよびプエルトリコにて計8,215報告され、うち6,286(77%)はWNV伝染の主なベクターであるアカイエカ、ネッタイイエカなどのCulex属であり、ピークは8月中旬であった。これらの調査結果はサーベーランスの継続、蚊のコントロール、蚊刺されからの防護の推進、ヒトWNVワクチンを含んだ追加予防戦略の研究の必要性が明らかになった。現在、WNVワクチンはウマに対し認可され、ヒトでは第2相試験が行われている。

References

  • CDC. West Nile virus: maps and human cases. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/ncidod/dvbid/westnile/index.htm>.
  • US Census Bureau. Annual population estimates 2000 to 2007. Washington, DC: US Census Bureau; 2008. Available at <http://www.census.gov/popest/states/NST-ann-est.html>.
  • Komar N. West Nile virus: epidemiology and ecology in North America. Adv Virus Res 2003;61:185-234.
  • Hayes EB, Komar N, Nasci RS, Montgomery SP, O'Leary DR, Campbell GL. Epidemiology and transmission dynamics of West Nile virus disease. Emerg Infect Dis 2005;11:1167-73.
  • Mostashari F, Bunning ML, Kitsutani PT, et al. Epidemic West Nile encephalitis, New York, 1999: results of a household-based seroepidemiological survey. Lancet 2001;358:261-4.
  • Lindsey NP, Kuhn S, Campbell GL, Hayes EB. West Nile virus neuroinvasive disease incidence in the United States, 2002--2006. Vector Borne Zoonotic Dis 2008;8:35-9.
  • CDC. West Nile virus activity-United States, 2006. MMWR 2007;56:556-9.
  • CDC. Detection of West Nile virus in blood donations-Puerto Rico, 2007. MMWR 2008;57:577-80.
  • CDC. Update: chikungunya fever diagnosed among international travelers-United States, 2006. MMWR 2007;56:276-7.
  • Monath TP, Liu J, Kanesa-Thasan N, et al. A live, attenuated recombinant West Nile virus vaccine. Proc Natl Acad Sci U S A 2006;103:6694-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ