一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)赤潮による疾患-フロリダ州ナッサウ郡、2007年

MMWR抄訳

rss

2008/07/04Vol. 57 / No. 26

MMWR57(26):717-720
Illness Associated with Red Tide - Nassau County, Florida, 2007

赤潮による疾患-フロリダ州ナッサウ郡、2007年

赤潮は海水に毒性の微視的藻類が正常域を超えて異常発生する有害な藻類増殖であり、魚類、鳥類、海洋哺乳類を死に至らしめるとともに、ヒトにおいても疾患を引き起こす。フロリダ赤潮の原因は渦鞭毛藻類であるKarenia brevis(メキシコ湾で最も多く認められる藻類であり、ブレベトキシンと呼ばれる毒素を産生する)によるが、メキシコ湾に限らず大西洋沿岸地域においても発生する。今回、2007年9月25日、フロリダ州北東部のNassau County Health Department(NCHD)に、呼吸器疾患の集団発生が報告された。症例は全てフェルナンディアビーチで海岸の復旧作業していた浚渫会社の労働者であり、陸軍技術部隊の依頼によりアメリア川を航行する軍潜水艦の水路を清掃する作業の一部として、9月25~29日に海底を浚渫し、陸から3マイル離れた河口付近の船から海岸の作業場までパイプを通して浚渫物をポンプで汲み出していた。船上に約50名、海岸に13名の作業員がおり、12時間の昼夜シフトで作業が行われていた。報告を受けたNCHDは25~26日に船上と海岸の作業員(それぞれ10名)に対し聞き取り調査を行った。20名の年齢は45(23~66)歳、18名が男性であり、9月16日から呼吸器や眼の異常(咳:12、のどの炎症:12、眼の炎症:11、くしゃみ:11、鼻づまり:10)を訴えていた。治療を要する症例はなかったが、25~29日にはこの海岸から約200マイル南のフロリダ大西洋沿岸でも一般人約15~20名が呼吸器症状を有した。25日に採取した海水の検査ではK.brevisが中レベル(100,000-1,000,000 cells/L)、26日には高レベル(=1,000,000 cells/L)検出された。29日にはストームがあり、この日から呼吸器症状は減少、29日の検査ではK.brevisは低レベル(1,000、<5,000 cells/L)または常在レベル(<=1,000 cells/L)となり、11月8日には0となった。NCHDはFlorida Department of Healthとともに現地調査を行い、大西洋沿岸に発生した赤潮への曝露によるものと判断した。フロリダ州での赤潮の発生は北東部のメキシコ湾にて多く、大西洋沿岸では1972年に初めて報告されている。NCHDは25日より一般市民に対しブレベトキシン曝露の危険性について警告を出し、地域の医師、獣医、学校、政府機関、ホテルおよびレストランへFaxを送付、さらに地元の新聞やウェブサイトにも警告を掲載するなどの措置が取られた。

References

  • Fish and Wildlife Research Institute. Red tides in Florida. St. Petersburg, FL: Florida Fish and Wildlife Conservation Commission, Fish and Wildlife Research Institute; 2008. Available at <http://www.floridamarine.org/features/view_article.asp?id=24936>.
  • Fish and Wildlife Research Institute. Karenia brevis counts, September 24-28, 2007. St. Petersburg, FL: Florida Fish and Wildlife Conservation Commission, Fish and Wildlife Research Institute; 2007. Available at <http://research.myfwc.com/gallery/image_details.asp?id=27000>.
  • Fish and Wildlife Research Institute. Karenia brevis counts, November 3-9, 2007. St. Petersburg, FL: Florida Fish and Wildlife Conservation Commission, Fish and Wildlife Research Institute; 2007. Available at <http://research.myfwc.com/gallery/image_details.asp?id=27104>.
  • Backer LC, Kirkpatrick B, Fleming LE, et al. Occupational exposure to aerosolized brevetoxins during Florida red tide events: effects on a healthy worker population. Environ Health Perspect 2005;113:644-9.
  • Fish and Wildlife Research Institute. Fish kill database search. St. Petersburg, FL: Florida Fish and Wildlife Conservation Commission, Fish and Wildlife Research Institute; 2007. Available at <http://research.myfwc.com/fishkill>.
  • Fleming LE, Kirkpatrick B, Backer LC, et al. Initial evaluation of the effects of aerosolized Florida red tide toxins (brevetoxins) in persons with asthma. Environ Health Perspect 2005;113:650-7.
  • Kirkpatrick B, Fleming LE, Backer LC, et al. Environmental exposures to Florida red tides: effects on emergency room respiratory diagnoses admissions. Harmful Algae 2006;5:526-33.
  • Fleming LE, Kirkpatrick B, Backer LC, et al. Aerosolized red-tide toxins (brevetoxins) and asthma. Chest 2007;131:187-94. 9. Fish and Wildlife Research Institute. East Coast red tide history. St. Petersburg, FL: Florida Fish and Wildlife Conservation Commission, Fish and Wildlife Research Institute; 2007. Available at <http://research.myfwc.com/engine/download_redirection_process.asp?file=east_coast_red_tide_summary.pdf&objid=8939&dltype=article>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ