一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)高校生における喫煙-米国、1991~2007年

MMWR抄訳

rss

2008/06/27Vol. 57 / No. 25

MMWR57(25):686-688
Cigarette Use Among High School Students - United States, 1991-2007

高校生における喫煙-米国、1991~2007年

喫煙は米国における予防可能な主要な死因であり、2010年国民健康目標は高校生における現在の喫煙率を16%以下にすることである。米国の高校生における1991~2007年の喫煙率変化を調査するため、CDCはYouth Risk Behavior Survey(YRBS)の全国データを分析した。高校生の生涯喫煙率(喫煙経験あり)は1991~1999年は安定していた(69.5~71.3%)が、1999年(70.4%)から低下し2007年には50.3%になった。現在常習的喫煙率(調査前30日間に20日以上喫煙)は1991年(12.7%)から1999年(16.8%)まで増加し、その後2007年(8.1%)まで低下した。現在喫煙率(調査前30日間に1日以上喫煙)は1991年(27.5%)から1997年(36.4%)まで増加、その後2003年(21.9%)まで低下し、それ以降は安定した(2005年:23.0%、2007年:20.0%)。現在喫煙率の年変化は男性、女性、全学年、白人、ラテンアメリカ系の各サブグループでも同様のパターンがみられた。一方、黒人生徒の現在喫煙率は1991年(12.6%)から1997年(22.7%)まで増加したが、その後14.7%(2001年)、11.6%(2007年)まで低下した。この喫煙率低下(特に2003年から2007年まで)には女子の喫煙率低下(1999年:17.7%[最高値]、2003年:10.8%、2007年:8.4%)が大きく貢献しており、2007年の黒人女子の現在喫煙率は全ての性および人種/民族サブグループ中最低であった。1997~2003年にみられた現在喫煙率の低下を再現し2010年国民健康目標を達成するためには、エビデンスに基づいた戦略を利用した地域社会全体における包括的喫煙抑制プログラムを実施・復活させる必要がある。

References

  • US Department of Health and Human Services. Tobacco use; 27-2: reduce tobacco use by adolescents. In: Healthy people 2010: understanding and improving health. 2nd ed. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/pdf/volume2/27tobacco.pdf>.
  • CDC. Methodology of the Youth Risk Behavior Surveillance System. MMWR 2004;53(No. RR-12).
  • Johnston LD, O’Malley PM, Bachman JG, Schulenberg JE. Trends on cigarette smoking and smokeless tobacco, table 1. Ann Arbor, MI: University of Michigan; 2007. Available at <http://monitoringthefuture.org/data/07data/pr07cig1.pdf>.
  • Nelson DE, Mowery P, Asman K, et al. Long-term trends in adolescent and young adult smoking in the United States: metapatterns and implications. Am J Public Health 2008;98:905-15.
  • Wellman RJ, Sugarman DB, DiFranza JR, Winickoff JP. The extent to which tobacco marketing and tobacco use in films contribute to children’s use of tobacco. Arch Pediatr Adolesc Med 2006;160:1285-96.
  • Zaza S, Briss PA, Harris KW, eds. Tobacco. In: The guide to community preventive services: what works to promote health? New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at <http://www.thecommunityguide.org/tobacco/default.htm>.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs- 2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/stateandcommunity/best_practices>.
  • Laird J, Kienzl G, DeBell M, Chapman C. Dropout rates in the United States: 2005. Washington, DC: US Department of Education, National Center for Education Statistics, 2007. NCES publication no. 2007-059.
  • Brener ND, Kann L, McManus T, Kinchen SA, Sundberg EC, Ross JG. Reliability of the 1999 Youth Risk Behavior Survey questionnaire. J Adolesc Health 2002;31:336-42.
  • Messeri PA, Allen JA, Mowery PD, et al. Do tobacco countermarketing campaigns increase adolescent under-reporting of smoking? Addict Beh 2007;32:1532-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ