一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)偽陽性経口液迅速HIV検査-ニューヨーク市、200・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/20Vol. 57 / No. 24

MMWR57(24):660-665
False-Positive Oral Fluid Rapid HIV Tests - New York City, 2005-2008

偽陽性経口液迅速HIV検査-ニューヨーク市、2005-2008年

New York City Department of Health and Mental Hygiene(NYC DOHMH)は性行為感染症(STD)の無予約制クリニックを10ヶ所運営し、匿名でのHIV検査などの無料サービスを提供している。2003年には通常検査により33,375検体が検査され、552検体(1.6%)が陽性であった。2004年1月、このSTDクリニックでは、その場で行う迅速HIV検査(刺指により採取した全血検体を用いたOraQuick検査)を採用し、検査数は38,092件へ増加(偽陽性例は月平均1件以下)、2005年3月には経口液を用いたOraQuick Advance Rapid HIV-1/2抗体検査が導入され、検査数は47,024件へ増加した。抗体検査導入後7ヶ月における偽陽性検体は21,722検体中35件(0.16%)であったが、その後、偽陽性率が増加、2005年10月は11/4,024件(0.27%)、11月には36/3,735件(0.97%)となり、特異度が99.03%と製造者が下限とする数値を下回った。このため、NYC DOHMHは12月、経口液迅速抗体検査と刺指全血迅速検査を併用するよう指示し、2006年2月には経口液検査の特異度が99.65%に回復した。しかし、2007年後半になって再び偽陽性率の増加が認められ、2007年11月は23/4,503件(0.51%)、2008年2月には54/4,858件(1.11%、ピーク値)となり、2007年11月~2008年4月における検査特異度は98.88%~99.49%であった。このため、刺指全血検査の併用が再び指導され、5月には5/4,749件(0.11%)、特異度99.89%に回復し、ニューヨーク市では現在も経口液迅速抗体検査陽性例に対して刺指全血検査の併用を行っている。2002年以降、6種類のHIV迅速検査がFDAに承認されているが、CDCはこれらの検査による偽陽性検体について、増加の原因を調査し、偽陽性率を最小限とするためのプログラムの提供を進めている。

References

  • OraSure Technologies, Inc., OraQuick Advance Rapid HIV-1/2 Antibody Test customer letter and package insert. Available at <http://www.orasure.com/uploaded/398.pdf>.
  • Association of Public Health Laboratories. Public health laboratory issues in brief: 2006 HIV diagnostics survey. Silver Spring, MD: Association of Public Health Laboratories; 2007. Available at <http://www.aphl.org/aphlprograms/infectious/documents/hiv_issue_brief_2007.pdf>.
  • Hutchinson AB, Branson BM, Kim A, Farnham PG. A meta-analysis of the effectiveness of alternative HIV counseling and testing methods to increase knowledge of HIV status. AIDS 2006;20:1597-604.
  • CDC. Quality assurance guidelines for testing using rapid HIV antibody tests waived under the Clinical Laboratory Improvement Amendments of 1988. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/testing/resources/guidelines/pdf/qa_guidlines.pdf>.
  • Delaney KP, Branson BM, Uniyal A, et al. Performance of an oral fluid rapid HIV-1/2 test: experience from four CDC studies. AIDS 2006;20:1655-60.
  • Jafa K, Patel P, MacKellar DA, et al. Investigation of false positive results with an oral fluid rapid HIV-1/2 antibody test. PLoS One 2007;1:1-6.
  • Walensky R, Arbelaez C, Reichmann W, et al. Revisiting expectations from rapid HIV tests and confirmation algorithms in the emergency department [Poster]. Presented at 15th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections, February 3-6, 2008, Boston, Massachusetts. Available at <http://www.retroconference.org/2008/pdfs/534.pdf>.
  • CDC. Supplemental testing for confirmation of reactive oral fluid rapid HIV antibody tests. MMWR 2005;54:1287-8.
  • Knoble T, Delaney K, Menendez O, Dowling T, Facente S. Implementing RTA to identify false positives and immediately refer to care. San Francisco, CA 2007. Presented at the HIV Diagnostics Conference, Atlanta, GA; December 5-7, 2007. Available at <http://hivtesting conference.org/powerpoint/4_knoble.pps>.
  • CDC. FDA-approved rapid HIV antibody screening tests. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/testing/rapid/rtcomparison.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ