一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)麻疹および風疹の鑑別診断用検体の利用に関するWHO・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/20Vol. 57 / No. 24

MMWR57(24):657-660
Recommendations from an Ad Hoc Meeting of the WHO Measles and Rubella Laboratory Network (LabNet) on Use of Alternative Diagnostic Samples for Measles and Rubella Surveillance

麻疹および風疹の鑑別診断用検体の利用に関するWHO麻疹、風疹研究室ネットワーク(LabNet)の専門家会議勧告

WHOの麻疹、風疹研究室ネットワーク(LabNet)は2000年に設立され、現在は166ヶ国、679研究室が参加している。従来の麻疹および風疹の診断方法は発症直後に採取された血清検体におけるウイルス特異性IgMの検出と、咽頭塗布検体または尿検体を用いたRT-PCR法によるウイルスRNAの検出とその遺伝子型の分析により行われるが、静脈穿刺による検体の採取やその運搬に困難がある場合は、他の採取方法を考慮する必要がある。乾燥血液スポット(DBS)および経口液(OF)は今までもIgG、IgM抗体の検出やRNAの分析に用いられており、採取や保存が簡便であるという利点がある。このDBS、OFを麻疹および風疹の鑑別診断検体とするため、2001年以降、オーストラリア、コートジボワール、オランダ、トルコ、ウガンダ、イギリスおよびアメリカのLabNet研究室は共同で、1)DBSまたはOF検体におけるIgM、RNAの安定性、2)DBSおよびOF検体におけるIgM抗体アッセイおよびRNA検出プロトコールの最適化に関する研究を行っており、今回、2007年6月、スイスのジュネーブで開催された専門家会議にてその結果に関する討論が行われ、勧告が発表された。その内容は、1)血清検体による診断は最も信頼される方法であるが、DBS、OF検体を用いた方法も現在行われている麻疹および風疹サーベイランスに悪影響を与えるものではなく、より非侵襲性の検査法であること、輸送コストが抑えられること、発疹の発現後4-5日における風疹の診断特異性が高いこと、発症初期におけるIgM抗体検査の確認方法として有用であることなどから、サーベイランスの向上が期待される、2)すでに血清検体による検査法が確立している地域では、DBS、OF検体による検査法を導入する利点はないが、血清学的な分析検査を行う研究室までのアクセスが困難な場合、または血清検体とOF検体の併用により症例固定の効率が向上すると考えられる、3)患者が静脈穿刺による血液採取を拒否する場合や凍結状態での検体の輸送が困難な地域などでは特にDBS、OF検体の利用は有用である、となっている。

References

  • World Health Organization. Global measles and rubella laboratory network-update. Wkly Epidemiol Rec 2005;80:384-8.
  • World Health Organization. Manual for the laboratory diagnosis of measles and rubella infection, 2nd ed. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. WHO/IVB/07.01. Available at <http://www.who.int/immunization_monitoring/LabManualFinal.pdf>.
  • Ibrahim SA, Abdallah A, Saleh EA, Osterhaus ADM, De Swart RL. Measles virus-specific antibody levels in Sudanese infants: a prospective study using filter paper blood samples. Epidemiol Infect 2006;134:79-85.
  • Riddell MA, Byrnes GB, Leydon JA, Kelly HA. Dried venous blood samples for the detection and quantification of measles IgG using a commercial enzyme immunoassay. Bull World Health Organ 2003;81:10.
  • El Mubarak HS, Yüksel S, Mustafa OM, Ibrahim SA, Osterhaus AD, de Swart RL. Surveillance of measles in the Sudan using filter paper blood samples. J Med Virol 2004;73:624-30.
  • Vyse AJ, Gay NJ, White JM, et al. Evolution of surveillance of measles, mumps, and rubella in England and Wales: providing the platform for evidence-based vaccination policy. Epidemiol Rev 2002;24:125-36.
  • Vyse AJ, Jin L. An RT-PCR assay using oral fluid samples to detect rubella virus genome for epidemiological surveillance. Mol Cell Probes 2002;16:93-7.
  • De Swart RL, Nur Y, Abdallah A, et al. Combination of reverse transcriptase PCR analysis and immunoglobulin M detection on filter paper blood samples allows diagnostic and epidemiological studies of measles. J Clin Microbiol 2001;39:270-3.
  • Riddell MA, Leydon JA, Catton MG, et al. Detection of measles virus-specific immunoglobulin M in dried venous blood samples by using a commercial enzyme immunoassay. J Clin Microbiol 2002;40:5-9.
  • Helfand RF, Cabezas C, Abernathy E, et al. Dried blood spots versus sera for detection of rubella virus-specific immunoglobulin M (IgM) and IgG in samples collected during a rubella outbreak in Peru. Clin Vaccine Immunol 2007;14:1522-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ