一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)喘息患者のインフルエンザワクチン接種率-2005~・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/20Vol. 57 / No. 24

MMWR57(24):653-657
Influenza Vaccination Coverage Among Persons with Asthma - United States, 2005-06 Influenza Season

喘息患者のインフルエンザワクチン接種率-2005~2006年インフルエンザシーズン

2006年のアメリカにおける喘息患者数は小児で約680万(9.3%)、成人で約1,610万(7.3%)と報告されている。Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は喘息患者に対する高い合併症のリスクから、インフルエンザワクチン接種を推奨しており、Healthy People 2010では喘息患者のワクチン接種率の目標値を60%(18-64歳のハイリスク例)および90%(65歳以上)としている。今回、2006年のNational Health Interview Survey(NHIS)データから、喘息患者におけるワクチン接種率が分析され、その結果が報告された。2005-2006年のインフルエンザシーズン(2005年9月~2006年2月)における2歳以上の調査対象15,295名のうち、喘息患者は1,277例(8.3%)であり、ワクチン接種に関する回答が不完全であった29例を除く1,248例を分析対象とした。455例がインフルエンザワクチンを接種したと回答したが、2005年9月以前または2006年2月以降に接種した24例は未接種例とした。2005-2006年期の2歳以上の喘息患者におけるワクチン接種率は36.2%(前年期:31.5%)であり、非喘息患者23.9%(同:16.7%)よりも高かった。50-64歳および65歳以上ではそれぞれ48.6%、75.7%と高く、ともに非喘息例に比べ高かった(それぞれ31.8%、64.5%)。全体ではかかりつけの病院がない症例は少なくとも1ヶ所のかかりつけ病院がある症例に比べて未接種率が高く(89.6% vs 61.3%)、また、ワクチン接種が保険の範囲内にある症例は接種率が高かった(39.9% vs 14.5%)。喘息患者では保険範囲内の症例の接種率は39.9%と前年期33.8%から増加したが、範囲内にない症例では前年期からの増加は認められなかった(2005-2006年期:14.5%、前年期:13.5%)。また、ワクチン接種率は医療機関の受診回数が多い症例にて高く、12ヶ月以内の受診回数が1回またはそれ以下の症例では17.6%であるのに対し、10回以上の症例では50.8%であった。また、人種による接種率の有意な相違は認められなかった。以上、喘息患者におけるインフルエンザワクチン接種率は目標値には達しておらず、医療機関の受診回数を増やすことで改善される可能性が示唆された。

References

  • Bloom B, Cohen RA. Summary health statistics for U.S. children: National Health Interview Survey, 2006. Vital Health Stat 2007;10(234).
  • Pleis JR, Lethbridge-Çejku M. Summary health statistics for U.S. adults: National Health Interview Survey, 2006. Vital Health Stat 2007;10(235).
  • CDC. Prevention and control of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2007. MMWR 2007;56(No. RR-6).
  • CDC. Advisory Committee on Immunization Practices: recommendations for influenza immunization and control in the civilian population. Influenza Surveillance Report 1964;80:8-11.
  • CDC. Self-reported influenza vaccination coverage trends 1989-2006 among adults by age group, risk group, race/ethnicity, health-care worker status, and pregnancy status, United States, National Health Interview Survey (NHIS). Available at <http://www.cdc.gov/flu/professionals/vaccination/pdf/vaccinetrend.pdf>.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among children with asthma- United States, 2004-05 influenza season. MMWR 2007;56:193-6.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov>.
  • Mangtani P, Shah A, Roberts JA. Validation of influenza and pneumococcal vaccine status in adults based on self-report. Epidemiol Infect 2007;135:139-43.
  • Task Force on Community Preventive Services. Recommendations regarding interventions to improve vaccination coverage in children, adolescents, and adults. Am J Prev Med 2000;18(1 Suppl):92-6.
  • Smith PJ, Santoli JM, Chu SY, Ochoa DQ, Rodewald LE. The association between having a medical home and vaccination coverage among children eligible for the Vaccines for Children program. Pediatrics 2005;116:130-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ