一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)農作業労働者における暑さによる死亡-アメリカ、19・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/20Vol. 57 / No. 24

MMWR57(24):649-653
Heat-Related Deaths Among Crop Workers - United States, 1992-2006

農作業労働者における暑さによる死亡-アメリカ、1992~2006年

農業など屋外での労働は暑さによる病気や死亡のリスクを伴う。2005年7月半ば、ノースカロライナ州において、H-2A就労ビザにて4日前に入国し、タバコの葉の収穫に従事していた56歳のラテン系男性労働者が心臓発作を起こし死亡した。この日の最高気温は34℃、相対湿度44%、天気は晴れであり、前日、前々日も同じような晴天であった。死亡した男性は暑さによるストレスについて、その危険性や予防についての説明は受けておらず、また、水分を摂っていたかどうかも不明である。アメリカではこのような暑さによる屋外での労働者の死亡は1992~2006年の15年間に423件報告されており、年間死亡率は労働者10万人あたり0.02であった。うち102例(24%)は農業、林業、漁業、狩猟業労働者であり(0.16/10万人)、68例(16%)は農作業労働者であった(0.39/10万人)。死亡した農作業労働者は全て男性であり、年齢は20-34歳:16例(24%)、35-54歳:37例(54%)、55歳以上:15例(22%)であり、出身国はメキシコ/中南米:27例(40%)、その他アメリカ国外:10例(15%)、不明:31例(46%)、死亡した時期は7月が最も多く40例(59%)、次いで8月:12例(18%)、6月:11例(16%)であり、時間帯は46例(68%)が午後1時以降であった。また、州別ではカリフォルニア:20例(29%)、ノースカロライナ:13例(19%)、フロリダ:6例(9%)、その他:29例(43%)であり、年間死亡率はノースカロライナ州が最も高かった(2.36/10万人)。暑さによる身体的異常については労働者、雇用者ともにその予防および処置を十分に理解し、徴候を認めた場合には迅速に医療手当てを受けることが重要である。

References

  • Bureau of Labor Statistics. Bureau of Labor Statistics handbook of methods. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2007. Available at <http://www.bls.gov/opub/hom/homch9_a1.htm>.
  • Bureau of Labor Statistics. Current Population Survey, 1992-2006 (microdata files) and labor force data from the Current Population Survey. In: BLS handbook of methods. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2003. Available at <http://www.bls.gov/cps/home.htm>.
  • CDC. Heat-related deaths-United States, 1999-2003. MMWR 2006;55:796-8.
  • CDC. Working in hot environments. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 1986. DHHS (NIOSH) publication 86-112. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/hotenvt.html>.
  • US Environmental Protection Agency. A guide to heat stress in agriculture. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 1993. EPA-750-b-92-001. Available at <http://www.epa.gov/oecaagct/awor.html>.
  • Department of the Army and Air Force. Heat stress control and heat casualty management. Washington, DC: Department of the Army and Air Force; 2003. Available at <http://chppm-www.apgea.army.mil/documents/tbmeds/tbmed507.pdf>.
  • California Division of Occupational Safety and Health. Heat-related illness prevention. Oakland, CA: California Division of Occupational Safety and Health; 2007. Available at <http://www.dir.ca.gov/dosh/heatillnessinfo.html>.
  • Washington State Department of Labor and Industries. Outdoor heat-related illness (heat stress). Olympia, WA: Washington State Department of Labor and Industries; 2008. Available at <http://www.lni.wa.gov/safety/topics/atoz/heatstress/default.asp>.
  • CDC. Migrant farm worker dies from heat stroke while working on a tobacco farm-North Carolina. Morgantown, WV: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2007. FACE report 2006-04. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/face/in-house/full200604.html>.
  • CDC. Criteria for a recommended standard: occupational exposure to hot environments (revised criteria 1986). Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 1986. DHHS (NIOSH) publication no. 86-113. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/86-113.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ