一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)AIDS患者の死亡を同定するための電子記録リンケー・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/13Vol. 57 / No. 23

MMWR57(23):631-634
Electronic Record Linkage to Identify Deaths Among Persons with AIDS - District of Columbia, 2000-2005

AIDS患者の死亡を同定するための電子記録リンケージ-ワシントンDC、2000~2005年

米国にはHIV/AIDS患者が約100万人存在し、1981年以降約50万人のAIDS患者が死亡している。ワシントンDC(DC)は米国内でAIDS有病率が最も高い地域のひとつである。HIV/AIDSサーベイランスでは正確な死亡率を確認することも重要であるが、DC住民の他州での死に言及していないことなどよりその死亡率がかなり過小評価されている可能性がある。CDCとCouncil of State and Territorial Epidemiologists(CSTE)はルーチンでのHIV/AIDSサーベイランスの一部として年間死亡率を確定するために電子記録リンケージの実施を推奨している。2007年、DC居住者あるいはDCでその診断を受けたAIDS患者における2000~2005年の死亡率を確認するため、HIV/AIDS Administration of the DC Department of HealthはCDCの支援を受け電子記録リンケージを行った。HIV/AIDSサーベイランスデータ管理用の名前ベース報告システム(死因情報なし)であるDC HIV/AIDS Reporting System(HARS)のデータファイル内のAIDS患者を、DC内での全死亡者や死因などの情報を含むDC Vital Records Division’s electronic death certificate file(eDCF)、Social Security Administrationに報告された全死亡者の情報を含むDeath Master File(SSDMF)の記録とリンクさせた。2000~2005年にAIDS患者2460例の死亡を確認したが、このうち1337例(54%)は以前HARSに報告されていなかった。死因情報が得られた1562例中1056例(68%)はHIV感染症が基礎死因であり、非HIV感染症が基礎死因だったのは506例(32%)であった。基礎死因がHIV感染症以外の506例中112例(22%)では、基礎死因ではないがHIV感染症が死因に関与していた。多重ロジスティック回帰分析にて、以前報告されなかった死亡はHIV感染症以外の基礎死因と関連した。eDCFでは死因がHIV感染症であったが、HARSにおけるAIDS患者の情報と一致しなかった216例の死亡診断書が確認され、これは以前報告されていないHIV/AIDS患者の存在を示唆した。このうち97例(45%)を診療記録に基づき新たなHIV/AIDS患者と確定した。HIV/AIDS患者の死亡率確定とHIV/AIDS有病率の正確な推定には、電子記録リンケージが不可欠と考える。

References

  • Glynn M, Rhodes P. Estimated HIV prevalence in the United States at the end of 2003. [Abstract] 2005 National HIV Prevention Conference, June 12-15, Atlanta, GA. Available at <http://www.aegis.com/conferences/NHIVPC/2005/T1-B1101.html>.
  • CDC. Cases of HIV infection and AIDS in the United States and dependent areas, 2005: HIV/AIDS surveillance report, 2005. Vol 17. Revised ed. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports/2005report/default.htm>.
  • CDC and Council of State and Territorial Epidemiologists. Technical guidance for HIV/AIDS surveillance programs, volume I: policies and procedures. Atlanta GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005.
  • National Program of Cancer Registries. Link Plus. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/cancer/npcr/tools/registryplus/lp.htm>.
  • CDC. 1993 revised classification system for HIV infection and expanded surveillance case definition for AIDS among adolescents and adults. MMWR 1992;41(No. RR-17):1-19.
  • CDC. Guidelines for national human immunodeficiency virus case surveillance, including monitoring for human immunodeficiency virus infection and acquired immunodeficiency syndrome. MMWR 1999; 48(No. RR-18).
  • Mocroft A, Brettle R, Kirk O, et al. Changes in the cause of death among HIV positive subjects across Europe: results from the EuroSIDA study. AIDS 2002;16:1663-71.
  • Sackoff JE, Hanna DB, Pfeiffer MR, Torian LV. Causes of death among persons with AIDS in the era of highly active antiretroviral therapy: New York City. Ann Intern Med 2006;145:397-406.
  • CDC. National Death Index. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/ndi.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ