一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)ウシの生乳および生初乳に関連した小児におけるEsc・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/13Vol. 57 / No. 23

MMWR57(23):625-628
Escherichia coli0157:H7 Infections in Children Associated with Raw Milk and Raw Colostrum From Cows - California, 2006

ウシの生乳および生初乳に関連した小児におけるEschericia coli O157:H7感染症-カリフォルニア、2006年

2006年9月18日、California Department of Public Health(CDPH)は溶血性尿毒症症候群(HUS)のため入院した小児2例の報告を受けた。1例は培養にてEscherichia coli O157:H7感染症と確認され、2例とも発症前の週に同じ乳製品製造所(dairy A)で製造された生乳(低温殺菌されていない牛乳)を飲んでいた。2006年9月21日、CDPHからの報告を受けCalifornia Department of Food and Agriculture(CDFA)はdairy Aで製造された全ての生乳、生クリーム、生初乳を回収・隔離した。その後の調査で、さらにdairy A製の生乳あるいは生初乳を飲んだ小児4例が培養にてE.coliO157:H7感染症と確認された。これら6例(男児:4、6~18歳[中央値8歳])の発症日は2006年9月6日~24日であり、全例で血性下痢がみられ、3例は入院した。培養で感染が確認された5例より分離された大腸菌はパルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)パターンが区別できなかった。環境調査として行った2006年9月17日~10月9日の日付のついたdairy A製生乳製品サンプルの細菌検査では標準好気性菌と大腸菌による汚染を認めたが、9月26日に行ったミルクプラントと製造所の調査ではE.coli O157:H7は検出されなかった。また若い雌牛3頭のサンプルよりE.coli O157:H7が検出されたが、PFGEパターンはアウトブレイク株のパターンとは異なっていた。これらアウトブレイクの報告を受け、カリフォルニア州は消費者へ販売する生乳における大腸菌数の限度を10/mLとする法律を制定した(2008年1月1日発効)。生乳および生乳製品は依然として重篤な腸感染症の媒体であり、E.coli O157および他の感染症のリスクを低下させるために消費者は生乳および生乳製品を摂取すべきではない。

References

  • CDC. Ongoing multistate outbreak of Escherichia coli serotype O157:H7 infections associated with consumption of fresh spinach-United States, September 2006. MMWR 2006;55:1045-6.
  • Hyytiä-Trees E, Smole SC, Fields PA, Swaminathan B, Ribot EM. Second generation subtyping: a proposed PulseNet protocol for multiple-locus variable-number tandem repeat analysis of Shiga toxin-producing Escherichia coli O157 (STEC O157). Foodborne Pathog Dis 2006;3:118-31.
  • CDC. Foodborne diseases active surveillance network (FoodNet): population survey atlas of exposures, 2002. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2004:205. Available at <http://www. cdc.gov/foodnet/surveys/pop/2002/2002atlas.pdf>.
  • Rangel JM, Sparling PH, Crowe C, Griffin PM, Swerdlow DL. Epidemiology of Escherichia coli O157:H7 outbreaks, United States, 1982- 2002. Emerg Infect Dis 2005;11:603-9.
  • Mead PS, Slutsker L, Dietz V, et al. Food-related illness and death in the United States. Emerg Infect Dis 1999;5:607-25.
  • Dundas S, Todd WT, Stewart AI, et al. The central Scotland Escherichia coli O157:H7 outbreak: risk factors for the hemolytic uremic syndrome and death among hospitalized patients. Clin Infect Dis 2001;33:923-31.
  • Food and Drug Administration. Grade "A" pasteurized milk ordinance: 2003 revision. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services; 2004. Available at <http://www.cfsan.fda.gov/~ear/pmo03toc.html>.
  • Headrick ML, Korangy S, Bean NH, et al. The epidemiology of raw milk-associated foodborne disease outbreaks reported in the United States, 1973 through 1992. Am J Public Health 1998;88:1219-21.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ