一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)病院および出産施設での母乳育児関連産科診療-アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/13Vol. 57 / No. 23

MMWR57(23):621-625
Breastfeeding-Related Maternity Practices at Hospitals and Birth Centers - United States, 2007

病院および出産施設での母乳育児関連産科診療-アメリカ、2007年

母乳育児は乳児に適切な栄養を供給し、乳児および母親の罹病・死亡リスクを低下させる。しかしHealthy People 2010の母乳育児に関する5つの目標(母親の母乳育児率:分娩後早期75%、6ヶ月後50%、1年後25%、3ヶ月間母乳のみ40%、6ヶ月間母乳のみ17%)を達成しているのは4州(アラスカ、モンタナ、オレゴン、ワシントン)のみである。母乳育児に関する産科診療の特徴を調査するため、2007年にCDCは初めて全国的なMaternity Practices in Infant Nutrition and Care(mPINC)Surveyを実施した。質問内容は分娩・出産(母親と新生児の皮膚と皮膚との触れ合いおよび早期母乳育児開始)、母乳育児支援、母親と新生児との触れ合い(分娩後入院中の分離回避)、新生児授乳診療、退院後の母乳育児支援、看護師/助産婦による母乳育児の訓練・教育、母乳育児に関する構造的・組織的因子とし、その回答に応じて診療内容を0~100にスコア化した(100:最良の母乳育児向き診療)。50州、ワシントンDC、プエルトリコの2687施設(病院:2546、出産施設:121)より回答が得られた。州別の平均総スコアは48(アラスカ)~81(ニューハンプシャー、バーモント)であり、米国西部・北東部地域でより高く、南部地域でより低かった。各質問別のサブスケールでは母乳育児支援(新生児授乳に関する評価、記録、助言)の平均スコアが最も高く(80)、退院後の母乳育児支援が最も低かった(40)。かなり多くの施設がエビデンスに基づいておらず母乳育児を妨げることが知られている産科診療を行っており、その一例として24%の施設は健常な満期産母乳栄養児の半数以上にサプリメントを与えていた。米国の病院および出産施設における産科診療は、今後母乳育児を支援するよう変化させる必要がある。

References

  • Ip S, Chung M, Raman G, et al. Breastfeeding and maternal and infant health outcomes in developed countries. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Agency for Healthcare Research and Quality; 2007. Available at <http://www.ahrq.gov/downloads/pub/evidence/pdf/brfout/brfout.pdf>.
  • CDC. Breastfeeding trends and updated national health objectives for exclusive breastfeeding-United States, birth years 2000-2004. MMWR 2007;56:760-3.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010 midcourse review. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2005. Available at <http://www.healthypeople.gov/data/midcourse>.
  • United Nations Childrens Fund/World Health Organization. Promoting, protecting, and supporting breastfeeding: the special role of maternity services. Geneva, Switzerland: United Nations Childrens Fund/World Health Organization; 1989.
  • DiGirolamo AM, Grummer-Strawn LM, Fein S. Maternity care practices: implications for breastfeeding. Birth 2001;28:94-100.
  • Murray EK, Ricketts S, Dellaport J. Hospital practices that increase breastfeeding duration: results from a population-based study. Birth 2007;34:202-11.
  • Dewey KG, Nommsen-Rivers LA, Heinig MJ, Cohen RJ. Risk factors for suboptimal infant feeding behavior, delayed onset of lactation, and excess neonatal weight loss. Pediatrics 2003;112:607-19.
  • Rosenberg KD, Eastham CA, Kasehagen LJ, Sandoval AP. Marketing infant formula through hospitals: the impact of commercial hospital discharge packs on breastfeeding. Am J Public Health 2008;98:290-5.
  • Chien LY, Tai CJ, Chu KH, Ko YL, Chiu YC. The number of baby friendly hospital practices experienced by mothers is positively associated with breastfeeding: a questionnaire survey. Int J Nurs Stud 2007; 44:1138-46.
  • Swenne I, Ewald U, Gustafsson J, Sandberg E, Ostenson CG. Interrelationship between serum concentrations of glucose, glucagon, and insulin during the first two days of life in healthy newborns. Acta Paediatr 1994;83:915-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ