一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)Brucellaに対する検査が擬陽性を示す場合の公・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/06Vol. 57 / No. 22

MMWR57(22):603-605
Public Health Consequences of a False-Positive Laboratory Test Result for Brucella- Florida, Georgia, and Michigan, 2005

Brucellaに対する検査が擬陽性を示す場合の公衆衛生的同意-フロリダ、ジョージア、ミシガン州、2005年

ヒトブルセラ症はアメリカでは稀な人畜共通疾患であり、法定伝染病に指定されている。ヒトでの発症はブルセラ症が風土病である地域へ旅行した場合、あるいは違法に輸入された低温殺菌処理されていないチーズを食べた場合がほとんどである。2005年1月、フロリダ州ナッサウ郡に住む35歳の女性が、分析物特定試薬(ASRs)を用いたBrucella免疫グロブリンM(IgM)酵素免疫測定法(EIA)の結果からブルセラ症と診断された。この女性は2004年10月13日より間欠性の発熱、寒気、発汗、身体の痛み、脱力感、頭痛および倦怠感があり、11月に急性気管支炎と診断されていた。2005年1月3日に感染症の専門家を受診し、血液培養によるブルセラ抗体検査は陰性、民間研究所によるEIAはIgM陽性、IgG陰性であり、これらの検査結果からブルセラ症と診断された。2月1日よりデオキシサイクリン(100mg)とリファンピシン(300mg)による治療(1日2回、6週間)が開始されたが、副作用のため投薬は中止されていた。2月14日、CDCによるBrucella微量凝集試験(BMAT)が行われたが、結果は陰性であり、CDCおよび地域疫学者会議(CSTE)の症例定義を満たしていないことから、最初の検査結果は疑陽性と判定された。この女性は野生動物との接触はなく、2004年5月~7月にかけて旅行したミシガン州、7月に滞在したジョージア州のユースホステルにてヤギ乳チーズを食しており、調査の結果、他に低温処理されていない食品は食べていなかった。CDCおよびCSTEはBrucella抗体によるスクリーニング検査は有用ではあるが、確診する際はBMATを行うことを推奨している。

References

  • Chomel BB, DeBess EE, Mangiamele DM, et al. Changing trends in the epidemiology of human brucellosis in California from 1973 to 1992: a shift toward foodborne transmission. J Infect Dis 1994;170:1216-23.
  • Thapar MK, Young EJ. Urban outbreak of goat cheese brucellosis. Pediatr Infect Dis 1986;40:677-82.
  • CDC. Case definitions for infectious conditions under public health surveillance. MMWR 1997;46(No. RR-10):8-9.
  • Brown SL, Klein GC, McKinney FT, Jones WL. Safranin O-stained antigen microagglutination test for detection of Brucella antibodies. J Clin Microbiol 1981;13:398-400.
  • Reddin JL, Anderson RK, Jenness R, Spink WW. Significance of 7S and macroglobulin Brucella agglutinins in human brucellosis. N Engl J Med 1965;272:1263-8.
  • Food and Drug Administration. Guidance for industry and FDA staff. Commercially distributed analyte specific reagents (ASRs): frequently asked questions. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services; 2007. Available at <http://www.fda.gov/cdrh/oivd/ guidance/1590.pdf>.
  • Araj G, Kattar M, Fattouh L, Bajakian KO, Kobeissi SA. Evaluation of the PANBIO Brucella immunoglobulin G (IgG) and IgM enzyme-linked immunosorbent assays for diagnosis of human brucellosis. Clin Diag Lab Immun 2005;12:1334-5.
  • Memish ZA, Almuneef M, Mah MW, Qassem LA, Osoba AO. Comparison of Brucella standard agglutination test with the ELISA IgG and IgM in patients with Brucella bacteremia. Diag Microbiol Infect Dis 2002;44:129-32.
  • Corbel MJ. Brucellosis: an overview. Emerg Infect Dis 1997;3: 213-21.
  • Corbel MJ. Recent advances in the study of Brucella antigens and their serological cross-reactions. Vet Bull 1985;55:927-42.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ