一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)血液ドナーにおける西ナイルウイルスの検出-プエルト・・・

MMWR抄訳

rss

2008/05/30Vol. 57 / No. 21

MMWR57(21):577-580
Detection of West Nile Virus in Blood Donations - Puerto Rico, 2007

血液ドナーにおける西ナイルウイルスの検出-プエルトリコ、2007年

米国において西ナイルウイルス(WNV)は1999年に初めてヒトで検出され、その後中央および南アメリカとカリブ海域諸島の国々に拡大した。WNVは重篤な臨床疾患を発症させる可能性のある蚊媒介ウイルスであり、蚊以外の感染経路として輸血、経胎盤感染、臓器移植などが報告されている。2007年7月19日、プエルトリコの赤十字社はPuerto Rico Department of Health(PRDH)に核酸増幅法(NAT)によるスクリーニングでWNV陽性であった輸血ドナー3例を報告した。これら3例はプエルトリコで初めて確認されたヒトWNV感染症例であった。この報告ではこれら3例の調査結果とプエルトリコでのWNV伝播に関する最近の各種サーベイランス結果を紹介する。WNV陽性であった輸血ドナー3例は40歳女性(献血日:2007年6月22日)、33歳女性(2007年7月5日)、22歳男性(2007年7月12日)で、2例は献血前2週間に病気にかかっておらず、1例は献血日に頭痛を報告したが発熱や他の症状はみられなかった。3例とも献血前2週間にプエルトリコ外や、以前動物でのWNV伝播が報告されたプエルトリコ内の地域へ旅行していなかった。これら3例由来のWNV-NAT陽性血液は隔離し、輸血には使用しなかった。2002年に開始されたヒトの神経侵襲性WNV疾患に関する全島医師ベース受動的サーベイランスシステムでは、ヒトのWNV疾患は検出されていない。一方、2006年~2007年にCDCがプエルトリコ北東部で続けていたセンチネル鶏のサーベイランスでは2007年6月に特異的抗WNV中和抗体が検出され、活発なWNV伝播が示唆された。これを受け、CDCとPRDHはヒトWNV疾患のサーベイランス範囲を拡大し強化した。2007年7月1日~12月31日、強化サーベイランスによりWNVおよびデング熱の検査のため1250例の血清検体が提出されたが、WNV陽性検体(PCR法)はなかった。しかし2007年9月には脳炎の馬より採取した剖検後脳組織および死亡鳥類にてWNV感染が検出され、プエルトリコ南西部でのWNV伝播が確認された。プエルトリコにおけるWNVによって脅かされる健康状態のモニタリングと評価のためには、医師の意識や実施中のサーベイランス、教育活動の強化が必要である。

References

  • Dupuis II AP, Marra PP, Reitsma R, Jones MJ, Louie KL, Kramer L. Serologic evidence for West Nile virus transmission in Puerto Rico and Cuba (short report). Am J Trop Med Hyg 2005;73:474-6.
  • Barrera R, Hunsperger EA, Muñoz-Jordán JL, et al. First isolation of West Nile virus in the Caribbean. Am J Trop and Hyg 2008;78:666-8.
  • Nash D, Mostashari F, Fine A, et al. The outbreak of West Nile virus infection in the New York City area in 1999. N Engl J Med 2001;344: 1807-14.
  • Owen J, Moore F, Panella N, et al. Migrating birds as dispersal vehicles for West Nile virus. EcoHealth 2006;3:1-7.
  • Pealer LN, Marfin AA, Petersen LR, et al. Transmission of West Nile virus through blood transfusion in the United States in 2002. N Engl J Med 2003;349:1236-45.
  • CDC. West Nile virus activity-United States, 2001. MMWR 2002; 51:497-501.
  • Komar N, Clark GG. West Nile virus activity in Latin America and the Caribbean. Rev Panam Salud Publica 2006;19:112-7.
  • Calisher CH, Karabatsos N, Dalrymple JM, et al. Antigenic relationships between flaviviruses as determined by cross-neutralization tests with polyclonal antisera. J Gen Virol 1989;70:37-43.
  • Deardorff E, Estrada-Franco JG, Brault AC, et al. Introductions of West Nile virus strains to Mexico. Emerg Infect Dis 2006;12:314-8. Available at <http://www.cdc.gov/ncidod/eid/vol12no02/05-0871.htm>.
  • Mostashari F, Bunning ML, Kitsutani PT, et al. Epidemic West Nile encephalitis, New York, 1999: results of a household-based seroepidemiological survey. Lancet 2001;358:261-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ