一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)民間企業、レストランおよびバーにおける州別喫煙制限・・・

MMWR抄訳

rss

2008/05/23Vol. 57 / No. 20

MMWR57(20):549-552
State Smoking Restrictions for Private-Sector Worksites, Restaurants, and Bars - United States, 2004 and 2007

民間企業、レストランおよびバーにおける州別喫煙制限-アメリカ、2004および2007年

非喫煙者の受動喫煙(SHS)を防ぐには室内での喫煙を禁止するしか方法はなく、Health People 2010では国内50州およびワシントンDCにおいて、室内の公共施設と会社の職場を全面的に禁煙とすることを目標に挙げている。今回、この目標の今現在の到達度について、2004年12月31日および2007年12月31日時点での民間企業の職場、レストラン、バーの3ヶ所における禁煙措置に関する州法の調査が行われた。禁煙措置は4段階(1:制限なし、2:喫煙する場所を決めて許可、3:換気が別に行われる場合は喫煙可、4:全面喫煙)で評価し、データはCDCのState Tabacco Activiteis Tracking and Evaluation(STATE)システムに従って分析された。その結果、職場に関しては2004年12月31日において州法にて全面禁煙とされている州は5州、2007年12月31日までに17州において禁煙措置が強化され、全面禁煙は22州となった。レストランは2004年12月31日において全面禁煙が7州、その後14州にて強化され、2007年12月31日には全面禁煙が21州となった。バーは2004年12月31日において全面禁煙が4州、その後9州にて強化され、2007年12月31日には13州にて全面禁煙となっている。また、2003年において、18歳以上の内勤者の77%が職場は禁煙であると回答している調査報告もあり(1992~1993年は47%)、室内を禁煙とする動きは進んでおり、Health People 2010の目標は達成されるものと思われる。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, 2006. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/secondhandsmoke/report>.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010 midcourse review. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2006. Available at <http://www.healthypeople.gov/data/midcourse>.
  • CDC. State smoking restrictions for private-sector worksites, restaurants, and bars-United States, 1998 and 2004. MMWR 2005;54:649-53.
  • CDC. State Tobacco Activities Tracking and Evaluation (STATE) System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/statesystem>.
  • US Department of Commerce, Census Bureau. National Cancer Institute and CDC co-sponsored tobacco use special cessation supplement to the current population survey, 2003 (TUSCS-CPS). Washington, DC: US Department of Commerce, Census Bureau; 2006. Available at <http://riskfactor.cancer.gov/studies/tus-cps>.
  • Menzies D, Nair A, Williamson PA, et al. Respiratory symptoms, pulmonary function, and markers of inflammation among bar workers before and after a legislative ban on smoking in public places. JAMA 2006;296:1742-8.
  • Goodman P, Agnew M, McCaffrey M, Paul G, Clancy L. Effects of the Irish smoking ban on respiratory health of bar workers and air quality in Dublin pubs. Am J Respir Crit Care Med 2007;175:840-5.
  • CDC. Reduced secondhand smoke exposure after implementation of a comprehensive statewide smoking ban - New York, June 26, 2003-June 30, 2004. MMWR 2007;56:705-8.
  • American Nonsmokers’ Rights Foundation. Summary of 100% smokefree state laws and population protected by state and local laws. Berkley, CA: American Nonsmokers’ Rights Foundation; 2008. Available at <http://www.no-smoke.org/pdf/summaryuspoplist.pdf>.
  • Pirkle JL, Bernert JT, Caudill SP, Sosnoff CS, Pechacek TF. Trends in the exposure of nonsmokers in the U.S. population to secondhand smoke: 1988-2002. Environ Health Perspect 2006;114:853-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ