一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)汚染された乾燥ドッグフードによるヒトSalmone・・・

MMWR抄訳

rss

2008/05/16Vol. 57 / No. 19

MMWR57(19):521-524
Multistate Outbreak of Human SalmonellaInfections Caused by Contaminated Dry Dog Food - United States, 2006-2007

汚染された乾燥ドッグフードによるヒトSalmonella感染症の多州にわたるアウトブレイク-アメリカ、2006~2007年

2007年5月8日、Pennsylvania Bureau of LaboratoriesはCDCのPulseNetに区別不能のPFGEパターンを有するSalmonella enterica血清型Scwarzengrund感染症3例を報告した。2007年6月9日、PulseNetでオハイオ州および他の州でも同様の患者が確認されたことから、CDCのOutbreakNetチームはS. Schwarzengrund感染症の多州にわたるアウトブレイクの可能性を通告した。2007年6月にPennsylvania Department of Health(PADOH)が行ったS.Scwarzengrund感染患者へのインタビューより、イヌあるいは乾燥ドッグフードの曝露が感染源である可能性が示唆された。その後、ペンシルベニア州における感染患者の飼いイヌ13匹中5匹の便検体と、家で採取した乾燥ドッグフード22検体中2検体からS.Schwarzengrundのアウトブレイク株が検出された。汚染された乾燥ドッグフードはペンシルベニア州のA工場で製造されたA社製の2種類のブランド(Aブランド、Bブランド)であった。2007年7月、Ohio Department of Healthも同様の調査を行い、イヌ2匹中1匹の便検体からS.Schwarzengrundのアウトブレイク株が検出された。そのイヌもAブランドのドッグフードを食べていた。2006年1月1日~2007年12月31日、アウトブレイク株によるSalmonella感染症は19州で70例報告された。年齢が確認された61例の年齢中央値は3歳(生後1ヶ月~85歳)で、24例(39%)は1歳以下であり、性別が確認された45例中22例(49%)は女性であった。臨床情報が得られた38例中15例(39%)は出血性下痢を有しており、死亡例の報告はなかった。2007年7月17日~9月28日に実施した多州の症例-対照研究では、感染症はA工場で製造されたA社製のペットフード(Aブランド)と関連性を示した。またA工場の環境調査では工場内部および未開封の乾燥ドッグフードよりS.Schwarzengrundのアウトブレイク株が検出された。この結果を受け、2007年8月21日にA社はドッグフードを自主的に回収し、清掃と消毒のためA工場の操業を一旦停止した。Salmonella感染症の予防のため、乾燥ペットフードやペットに触れた後や、および食事の準備や食事をする前には温水と石鹸で20秒以上手を洗うべきである。

References

  • CDC. Salmonella annual summary 2005. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/ncidod/dbmd/phlisdata/salmtab/2005/salmonellaannualsummary2005.pdf>.
  • Voetsch AC, Van Gilder TJ, Angulo FJ, et al. FoodNet estimate of the burden of illness caused by nontyphoidal Salmonella infections in the United States. Clin Infect Dis 2004;38:S127-34.
  • Laboratory Centre for Disease Control, Public Health Agency of Canada. Human health risk from exposure to natural dog treats. Can Commun Dis Rep 2000;26:41-2.
  • Clark C, Cunningham J, Ahmed R, et al. Characterization of Salmonella associated with pig ear dog treats in Canada. J Clin Microbiol 2001;39:3962-8.
  • Pitout JD, Reisbig MD, Mulvey M, et al. Association between handling of pet treats and infection with Salmonella enterica serotype Newport expressing the AmpC β-Lactamase, CMY-2. J Clin Microbiol 2003;41:4578-82.
  • CDC. Human salmonellosis associated with animal-derived pet treats-United States and Canada, 2005. MMWR 2006;55:702-5.
  • White DG, Datta A, McDermott P, et al. Antimicrobial susceptibility and genetic relatedness of Salmonella serovars isolated from animal-derived dog treats in the USA. J Antimicrob Chemother 2003;52:860-3.
  • Food and Drug Administration. CVM update: FDA tips for preventing foodborne illness associated with pet food and pet treats. Rockville, MD: Food and Drug Administration; 2007. Available at <http://www.fda.gov/cvm/cvm_updates/foodbornetips.htm>.
  • Food and Drug Administration. The Hartz Mountain Corporation recalls Vitamin Care for Cats because of possible health risk. Rockville, MD: Food and Drug Administration; 2007. Available at <http://www.fda.gov/oc/po/firmrecalls/hartz10_07.html>.
  • Finley R, Reid-Smith R, Weese JS. Human health implications of Salmonella-contaminated natural pet treats and raw pet food. Clin Infect Dis 2006;42:686-91.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ