一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)成人糖尿病患者における身体活動の大きな障害としての・・・

MMWR抄訳

rss

2008/05/09Vol. 57 / No. 18

MMWR57(18):486-489
Arthritis as a Potential Barrier to Physical Activity Among Adults with Diabetes - United States, 2005 and 2007

成人糖尿病患者における身体活動の大きな障害としての関節炎-アメリカ、2005および2007年

American Diabates AssociationとAmerican College of Sports Medicineは糖尿病患者における身体機能向上に関し、1)血糖値を下げ、肥満や高血圧などの合併症のリスクを下げる、2)心血管障害の転帰を改善することを重要な目標とするとの一致した見解を出している。成人糖尿病患者においては関節炎の合併が身体機能の大きな障害となるが、この点に関しては認識が低く、現時点では直接的な研究は行われていない。今回、CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の2005および2007年データを用いて、関節炎と診断された成人糖尿病患者と、関節炎による身体機能の不活性に関する調査を行った。国内50州、ワシントンDC、グアム、プエルトリコおよびバージン諸島の18歳以上の成人のうち糖尿病と診断されたことがあると回答した症例に対し、関節炎、慢性関節リウマチ、痛風、ループス、線維筋痛の診断歴、身体活動レベル、BMIを調査した。身体活動レベルは非職業性身体活動(ライフスタイルにおける身体活動)の実施頻度と期間を質問し、全く行っていない症例を身体活動不活性と判断した。その結果、成人糖尿病患者における関節炎診断率は52.0%と18歳以上の一般成人(26.9%)に比べ高率であり、男女別では男性45.9%(一般成人男性22.6%)、女性58.0%(一般成人女性30.9%)といずれも高く、年齢別でも18~44歳、45~64歳、65歳以上それぞれ27.6%(一般成人11.0%)、51.8%(同36.4%)、62.4%(同56.2%)といずれの年齢層においても高率であった。身体活動不活性は糖尿病、関節炎とも未発症で10.9%と低く、糖尿病単独で21.0%、関節炎単独で17.3%、ともに発症している症例では29.8%と高率で認められた。州別では身体活動不活性は糖尿病症例にてアラスカ9.0%~ウエストバージニア30.2%(中央値:19.5%)、糖尿病と関節炎ともに発症している症例ではカリフォルニア20.2%~テネシー46.4%(中央値:28.9%)であった。ロジスティック回帰分析では身体活動不活性と糖尿病との相関が認められ(オッズ比=1.6)、年齢、性別による補正オッズ比は1.4、年齢、性別およびBMIによる補正オッズ比は1.3であった。以上の結果から、糖尿病患者における関節炎の合併は身体活動の大きな障害となっていることが示唆された。

References

  • Sigal RJ, Kenny GP, Wasserman DH, Castaneda-Sceppa C. Physical activity/exercise and type 2 diabetes: technical review. Diabetes Care 2004;27:2518-39.
  • Moran SA, Caspersen CJ, Thomas GD, Brown DR, The Diabetes and Aging Work Group. Reference guide of physical activity programs for older adults: a resource for planning interventions. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Chronic Disease and Health Promotion; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/diabetes/pubs/pdf/refguideofactivity.pdf>.
  • CDC. National diabetes fact sheet: general information and national estimates on diabetes in the United States, 2005. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005. Available at <http://www.cdc.gov/diabetes/pubs/factsheet05.htm>.
  • CDC. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation-United States, 2003-2005. MMWR 2006;55: 1089-92.
  • Sigal RJ, Kenny GP, Boule NG, et al. Effects of aerobic training, resistance training, or both on glycemic control in type 2 diabetes. Ann Intern Med 2007;147:357-69.
  • Wilcox S, Der Ananian C, Abbott J, et al. Perceived exercise barriers, enablers, and benefits among exercising and non exercising adults with arthritis: results from a qualitative study. Arthritis Rheum 2006;55: 616-27.
  • Lorig KR, Bodenheimer T, Holman H, Grumbach K. Patient self-management of chronic disease in primary care. JAMA 2002;288:2469-75.
  • Brady TJ, Kruger J, Helmick CG, Callahan LF, Boutaugh ML. Intervention programs for arthritis and other rheumatic diseases. Health Educ Behav 2003;30:44-63.
  • Sacks JJ, Harrold LR, Helmick CG, Gurwitz JH, Emani S, Yood RA. Validation of a surveillance case definition for arthritis. J Rheumatol 2005;32:340-7.
  • Beckles GL, Engelgau MM, Narayan KM, Herman WH, Aubert RE, Williamson DF. Population-based assessment of the level of care among adults with diabetes in the US. Diabetes Care 1998;21:1432-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ