一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)Advisory Committee on Imm・・・

MMWR抄訳

rss

2008/05/02Vol. 57 / No. 17

MMWR57(17): 462-465
Report from the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP): Decision Not to Recommend Routine Vaccination of All Children Aged 2-10 Years with Quadrivalent Meningococcal Conjugate Vaccine (MCV4)

Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)からの報告:2~10歳の全小児に対し4価髄膜炎菌結合型ワクチン(MCV4)の定期予防接種を推奨しないという決定

2008年2月、ACIPは2~10歳の小児において髄膜炎菌性疾患に対するリスクが上昇していない場合には髄膜炎菌ワクチンの定期予防接種を推奨しないことを決定した。この報告は、ACIPの審議内容とその決定の根拠をまとめ、髄膜炎菌ワクチン接種に関するACIPの新たな決定と以前から継続している勧告内容を紹介する。2007年10月17日、FDAは4価髄膜炎菌結合型ワクチン(MCV4)の使用を従来の11~55歳に加え2~10歳の小児に対しても承認した。MCV4承認前は4価髄膜炎菌多糖体ワクチン(MPSV4)が米国で利用できる唯一の髄膜炎菌ワクチンであり、MCV4はMPSV4と安全性と免疫原性を比較した臨床試験に基づいて承認された。2007年6月~2008年2月、ACIP髄膜炎菌ワクチン作業グループは2~10歳の小児におけるMCV4の免疫原性と安全性のデータ、髄膜炎菌性疾患の疫学や予防接種の費用対効果などの分析を行った。その結果に基づき、2008年2月の会合で2~10歳の全ての小児に髄膜炎菌性疾患に対する定期予防接種を推奨しないことを決定した。一方、11~18歳の全ての青少年および2~55歳の髄膜炎菌性疾患リスク上昇者(髄膜炎菌性疾患が風土病あるいは流行している国々への渡航者やその住民、解剖学的・機能的無脾症など)に対しては従来どおり定期予防接種を推奨している。

References

  • CDC. Prevention and control of meningococcal disease: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2005;54(No. RR-7).
  • CDC. Recommendation from the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) for use of quadrivalent meningococcal conjugate vaccine (MCV4) in children aged 2-10 years at increased risk for invasive meningococcal disease. MMWR 2007;56:1265-6.
  • CDC. Revised recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices to vaccinate all persons aged 11-18 years with meningococcal conjugate vaccine. MMWR 2007;56:794-5.
  • Food and Drug Administration. Product approval information-licensing action, package insert: Meningococcal (groups A, C, Y, W-135) polysaccharide diphtheria toxoid conjugate vaccine Menactra. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2005. Available at <http://www.fda.gov/cber/label/menactralb.pdf>.
  • Pichichero M, Casey J, Blatter M, et al. Comparative trial of the safety and immunogenicity of quadrivalent (A, C, Y, W-135) meningococcal polysaccharide-diphtheria conjugate vaccine versus quadrivalent polysaccharide vaccine in two- to ten-year-old children. Pediatr Infect Dis J 2005;24:57-62.
  • Gold R, Lepow ML, Goldschneider I, Draper TF, Gotshlich EC. Kinetics of antibody production to group A and group C meningococcal polysaccharide vaccines administered during the first six years of life: prospects for routine immunization of infants and children. J Infect Dis 1979;140:690-7.
  • Borrow R, Goldblatt N, Andrews J, et al. Antibody persistence and immunological memory at age 4 years after meningococcal group C conjugate vaccination in children in the United Kingdom. J Infect Dis 2002;186:1353-7.
  • Shepard CW, Ortega-Sanchez IR, Scott RD II, Rosenstein NE, ABCs Team. Cost-effectiveness of conjugate meningococcal vaccination strategies in the United States. Pediatrics 2005;115:1220-32.
  • CDC. Prevention of hepatitis A through active or passive immunization. MMWR 2006:55(No. RR-7).
  • Snape M, Perrett K, Ford K, et al. Immunogenicity of a tetravalent meningococcal glycoconjugate vaccine in infants: a randomized controlled trial. JAMA 2008;299:173-84.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ