一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)美容用軟部組織充填材注入に関連した急性腎不全-ノー・・・

MMWR抄訳

rss

2008/05/02Vol. 57 / No. 17

MMWR57(17):453-456
Acute Renal Failure Associated with Cosmetic Soft-Tissue Filler Injections - North Carolina, 2007

美容用軟部組織充填材注入に関連した急性腎不全-ノースカロライナ、2007年

軟部組織充填材は唇や乳房、殿部などの軟部組織を大きくしたり存在を際立たせたりするために注入される物質である。以前、無免許開業医による軟部組織充填材(通常液体シリコン)の投与が死亡を含む重度の有害事象と関連することが報告された。2007年12月27日、North Carolina Division of Public Health(NCDPH)はノースカロライナ州のある施設(A施設)で美容用軟部組織充填材の注入を受けた女性3例(42歳、26歳、26歳)が腎不全を発症したという報告を受けた。この報告は、これらの症例の臨床所見とその後の公衆衛生的調査結果をまとめたものである。3例ともA施設で2007年12月8日と12月22日に殿部に美容用軟部組織充填材の注入を受け、2回目の注入から30分~1時間以内に頭痛や吐き気・嘔吐などが発現した。症状発現の翌日~4日後に救急診療部を受診し、血清クレアチニン値の上昇を伴った急性腎不全と診断された。2例は血液透析を開始した。10~14日間入院し、その後全例で血清クレアチニン値は正常化し血液透析も中止となった。2007年12月28日、NCDPHはA施設において処置に使用された製品や患者の記録などの調査を行った。全ての処置は無免許の開業医(A医師)が非監督下で行っていた。診療記録は処置の手技や使用製品に関する記載が不十分であり、注入物質を特定することができなかった。また記録より示唆される液体シリコンを含む充填材は、これまでに腎不全との関連は報告されていなかった。軟部組織充填材注入は適切な医療訓練を受けた資格を有する医療従事者が行うべきであり、公衆衛生局は無免許開業医が使用する美容用充填材に関連した有害事象に対し注意を喚起する必要がある。

References

  • Hexsel DM, Hexsel CL, Iyengar V. Liquid injectable silicone: history, mechanism of action, indications, technique, and complications. Semin Cutan Med Surg 2003;22:107-14.
  • Hage JJ, Kanhai RC, Oen AL, van Diest PJ, Karim RB. The devastating outcome of massive subcutaneous injection of highly viscous fluids in male-to-female transsexuals. Plast Reconstr Surg 2001;107:734-41.
  • Fox LP, Geyer AS, Husain S, Della-Latta P, Grossman ME. Mycobacterium abscessus cellulitis and multifocal abscesses of the breasts in a transsexual from illicit intramammary injections of silicone. J Am Acad Dermatol 2004;50:450-4.
  • Price EA, Schueler H, Perper JA. Massive systemic silicone embolism: a case report and review of the literature. Am J Forensic Med Pathol 2006;27:97-102.
  • Chastre J, Brun P, Soler P, et al. Acute and latent pneumonitis after subcutaneous injections of silicone in transsexual men. Am Rev Respir Dis 1987;135:236-40.
  • Chen YM, Lu CC, Perng RP. Silicone fluid-induced pulmonary embolism. Am Rev Respir Dis 1993;147:1299-302.
  • Duong T, Schonfeld AJ, Yungbluth M, Slotten R. Acute pneumopathy in a nonsurgical transsexual. Chest 1998;113:1127-9.
  • Toy BR, Frank PJ. Outbreak of Mycobacterium abscessus infection after soft tissue augmentation. Dermatol Surg 2003;29:971-3.
  • Rollins CE, Reiber G, Guinee DG, Lie JT. Disseminated lipogranulomas and sudden death from self-administered mineral oil injection. Am J Forensic Med Pathol 1997;18:100-3.
  • Jones DH, Carruthers A, Orentreich D, et al. Highly purified 1000-cSt silicone oil for treatment of human immunodeficiency virus-associated facial lipoatrophy: an open pilot trial. Dermatol Surg 2004; 30:1279-86.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ