一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)低温殺菌処理をしていない熟成メキシカンチーズによる・・・

MMWR抄訳

rss

2008/04/25Vol. 57 / No. 16

MMWR57(16):432-435
Outbreak of Multidrug-Resistant Salmonella entericaserotype Newport Infections Associated with Consumption of Unpasteurized Mexican-Style Aged Cheese - Illinois, March 2006-April 2007

低温殺菌処理をしていない熟成メキシカンチーズによる多剤耐性Salmonella enterica serotype Newport感染のアウトブレイク-イリノイ州、2006年3月~2007年4月

2006年3月~2007年4月、イリノイ州北東部のラテン系住民において、Salmonella entericaserotype Newport感染によるアウトブレイクが発生した。2006年10月9日、イリノイ州ケイン郡の公衆衛生局はIllinois Department of Public Health(IDPH)に2006年3月2日以降、S.Newport感染症13例が報告し、2007年3月1日までに67例における感染が確認された。このうち46例(69%)はラテン系の食料品店にて買い物をしており、アンケート調査の結果、2006年12月30日~2007年2月26日に発症した13例のうち10例(77%)がメキシカンチーズを食していたことが明らかとなった。2006年3月2日以降に下痢(1日3回以上)をきたし、PFGEにて少なくとも1酵素(xbaI)が一致するS.Newportが検出された症例を今回のアウトブレイクによる症例として調査した結果、2007年4月25日までに計85例(男性45女性40、9日齢~85歳)が確定された。76/79例(96%)がラテン系住民であり、40/51例(78%)がスペイン語を母国語としていた。臨床症状は53/74例(72%)で発熱、43/73例(59%)で出血性下痢を認め、36/82例(44%)が入院、死亡例は認めなかった。また、5例から採取した便検体の検査では、全ての検体が8種類の抗生物質に耐性を示し、AmpC型多剤耐性S.Newport(Newport-MDRAmpC)と同一のパターンを示していた。ケースコントロール試験のマッチドペア分析では、発症と購入したチーズおよび食料品店Aとの相関性は認められなかったが、IDPHによるチーズの分析では、今回のアウトブレイクと一致するPFGEパターンとを示すS.Newportが食料品店AのCotijaチーズから検出された。このチーズの製造者は不明であることから、原料となった非低温殺菌牛乳の出荷元を調査したところ、酪農場Aから食料品店Aへ非低温殺菌牛乳が違法に納品されており、この牛乳からもS.Newportが検出された。現時点では感染源は確定していないが、この牛乳を使って食料品店Aにて作られたチーズによる感染の可能性が高く、IDPHは食料品店やレストランでのチーズの製造に関する調査を行うとともに、ラテン系住民へ向けて注意を促す情報を提供している。

References

  • CDC. National Antimicrobial Resistance Monitoring System for enteric bacteria (NARMS): Human isolates final report, 2004. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007.
  • Grade A pasteurized milk and milk products act. 410 Illinois compiled statutes 635. Effective October 1, 2003. Available at <http://www.ilga.gov/legislation/ilcs/ilcs2.asp?chapterid=35>.
  • Salter RS, Fitchen J. Evaluation of a chemiluminescense method for measuring alkaline phosphatase activity in whole milk of multiple species and bovine dairy drinks: interlaboratory study. J AOAC Int 2006;89:1061-70.
  • D’Aoust JY. Manufacture of dairy products from unpasteurized milk: a safety assessment. J Food Prot 1989;52:906-14.
  • Villar RG, Macek MD, Simons S, et al. Investigation of multidrugresistant Salmonella serotype typhimurium DT104 infections linked to raw-milk cheese in Washington State. JAMA 1999;281:1811-6.
  • Cody SH, Abbott SL, Marfin AA, et al. Two outbreaks of multidrugresistant Salmonella serotype Typhimurium DT104 infections linked to raw-milk cheese in Northern California. JAMA 1999;281:1805-10.
  • MacDonald PD, Whitwam RE, Boggs JD, et al. Outbreak of listeriosis among Mexican immigrants as a result of consumption of illicitly produced Mexican-style cheese. Clin Infect Dis 2005;40:677-82.
  • Banerjee A, Frierman M; EIP FoodNet Working Group, et al. Characterization of high risk food consumption practices among the Hispanic population. FoodNet 2000-2001. Chicago, IL: Infectious Diseases Society of America; 2002.
  • Gupta A, Fontana J, Crow C, et al. Emergence of multidrug-resistant Salmonella enterica serotype Newport infections resistant to expandedspectrum cephalosporins in the United States. J Infect Dis 2003; 188:1707-16.
  • Bachmann HP, Spahr U. The fate of potentially pathogenic bacteria in Swiss hard and semihard cheeses made from raw milk. J Dairy Sci 1995;78:476-83.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ