一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)ロタウイルスワクチンの接種率と予防接種諮問委員会(・・・

MMWR抄訳

rss

2008/04/18Vol. 57 / No. 15

MMWR57(15):398-401
Rotavirus Vaccination Coverage and Adherence to the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)-Recommended Vaccination Schedule - United States, February 2006-May 2007

ロタウイルスワクチンの接種率と予防接種諮問委員会(ACIP)が勧告したワクチン接種スケジュールの遵守-アメリカ、2006年2月~2007年5月

ロタウイルスは世界中で5歳未満の小児における重篤な胃腸炎の主因となっている。2006年2月、ACIPは新たに米国乳児に対するヒト-ウシロタウイルスワクチンRotaTeqの定期予防接種を勧告した。RotaTeqは生後2、4、6ヶ月時の3回接種が推奨されており、初回接種は生後6~12週に行い、その後4~10週間隔で接種し、生後32週までに3回接種を終了する必要がある。ACIPはRotaTeqを有効性と安全性のデータが得られている年齢に対して接種するよう勧告している。アカゲザル-ヒトロタウイルスワクチンRotaShieldは1999年に腸重積症との関連により市場から撤退したが、大規模承認前安全性試験と承認後モニタリングのデータからはRotaTeqワクチンと腸重積症との関連は示唆されていない。CDCは米国乳児におけるロタウイルスワクチンの接種率とACIP勧告ワクチン接種スケジュールへの遵守について調査するため、予防接種情報システム(IIS)、IISセンチネルサイト(アリゾナ、コロンビア特別区、ミシガン、ミネソタ、モンタナ、オレゴン)、Vaccine Safety Datalink(VSD)の3つのデータを分析した。2006年2月~2007年5月の期間中に27州より報告され、IISに記録されたロタワクチンの総接種数は1,120,239回であり、月間接種数は2006年5月の4,000回から2007年3月には約134,000回に増加した。IISセンチネルサイトの初回ロタワクチン接種率は2006年の第3四半期から2007年の第2四半期にかけて増加し、生後3ヶ月の乳児における1回接種率は2007年5月15日の時点で平均49.1%(40.1~65.4%)であった。またACIP勧告に基づいた生後6~12週以内の初回接種率はIISセンチネルサイトでは85.9%(45,659/53,143回)、VSDでは92.8%(38,582/41,583回)であり、3回接種を受けた乳児に限定した場合にはそれぞれ95.0%(21,395/22,526回)、98.6%(25,629/26,005回)であった。IIS、IISセンチネルサイト、VSDに報告された全接種中生後6週未満での接種率はそれぞれ0.1、0.2、0.04%、生後32週以降の接種率はそれぞれ1.8、1.6、0.7%であった。医療提供者は今後もACIPが勧告したロタウイルスワクチン接種スケジュールを遵守し続ける必要がある。

References

  • CDC. Prevention of rotavirus gastroenteritis among infants and children: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR 2006;55(No. RR-12).
  • Murphy TV, Gargiullo PM, Massoudi MS, et al. Intussusception among infants given an oral rotavirus vaccine. N Engl J Med 2001;344: 564-72.
  • Vesikari T, Matson DO, Dennehy P, et al. Safety and efficacy of a pentavalent human-bovine (WC3) reassortant rotavirus vaccine.N Engl J Med 2006;354:23-33.
  • CDC. Postmarketing monitoring of intussusception after RotaTeq™ vaccination-United States, February 1, 2006-February 15, 2007. MMWR 2007;56:218-22.
  • Haber P, Patel M, Hector IS, et al. Post-licensure monitoring of intussusception after RotaTeq vaccination in the United States, February 1, 2006-September 25, 2007. Pediatrics. In press 2008.
  • CDC. Immunization information systems progress-United States, 2006. MMWR 2008;57:289-91.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among children aged 6-23 months-six immunization information system sentinel sites, United States, 2006-07 influenza season. MMWR 2007;56:963-5.
  • Chen RT, DeStefano F, Davis RL, et al. The Vaccine Safety Datalink: immunization research in health maintenance organizations in the USA. Bull World Health Organ 2000;78:186-94.
  • Chen RT, Glasser JW, Rhodes PH, et al. The Vaccine Safety Datalink project: a new tool for improving vaccine safety monitoring in the United States. Pediatrics 1997;99:765-73.
  • Khare M, Piccinino L, Barker LE, Linkins RW. Assessment of immunization registry databases as supplemental sources of data to improve ascertainment of vaccination coverage estimates in the National Immunization Survey. Arch Pediatr Adolesc Med 2006;160:838-42.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ