一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)電子カルテ vs 受動的調査による届出伝染病の自動・・・

MMWR抄訳

rss

2008/04/11Vol. 57 / No. 14

MMWR57(14):373-376
Automated Detection and Reporting of Notifiable Diseases Using Electronic Medical Records Versus Passive Surveillance - Massachusetts, June 2006-July 2007

電子カルテ vs 受動的調査による届出伝染病の自動検出および報告-マサチューセッツ州、2006年6月~2007年7月

電子カルテ(EMR)システムは従来の臨床医による報告システムや研究室ベースの電子報告システムの欠点を改良した、情報を収集、分析し、報告することができるシステムであり、届出伝染病に関してもよりタイムリーで正確な臨床的調査が可能となる。マサチューセッツ州ではCDCのCenter of Excellence in Public Health Informatics at Harvard of Pilgrim Health Care、Children’s Hospital in Bostonの2機関の援助を受け、Massachusetts Department of Health、Department of Ambulatory Care and Prevention at Harvard Medical School、Harvard Pilgrim Health Care、Atrius Healthの4機関が共同でElectronic Support for Public Health(ESP)と呼ばれるシステムを設立し、2007年1月より始動している。データは2006年6月から収集されており、患者背景、バイタル、検査指示および結果、処方薬、診断コードなどの詳細なEMRデータがESPに転送され、クラミジア感染症、淋病、骨盤内炎症性疾患および急性A型肝炎に関しては定期的な分析が行われている。2006年6月~2007年7月、ESPにはクラミジア:758例、淋病:95例、骨盤内炎症性疾患:20例、急性A型肝炎:4例が報告され、現存の受動的調査システム(紙ベースの記録)に比べクラミジア感染症は545例から758例(39%)、淋病は62例から95例(53%)、骨盤内炎症性感染症は0例から20例、急性A型肝炎は1例から4例に増加した。また、患者の妊娠状態に関するデータが収集され、受動的調査では認められなかった妊娠症例がクラミジアおよび淋病患者にて81例報告された。ESPは現在、急性B型、C型肝炎および結核に関する報告システムが追加され、さらに、異なるEMRにて収集されたデータが地域の保険情報システムへの入力によりESPへインストールされている。今後、標準検査命名法の採用や治療リストの統一、報告項目の標準化などにより、さらに利用価値の高いシステムへと発展するであろう。

References

  • Doyle TJ, Glynn MK, Groseclose SL. Completeness of notifiable infectious disease reporting in the United States: an analytical literature review. Am J Epidemiol 2002;155:866-74.
  • Standaert SM, Lefkowitz LB Jr, Horan JM, Hutcheson RH, Schaffner W. The reporting of communicable diseases: a controlled study of Neisseria meningitidis and Haemophilus influenzae infections. Clin Infect Dis 1995;20:30-6.
  • Effler P, Ching-Lee M, Bogard A, Ieong MC, Nekomoto T, Jernigan D. Statewide system of electronic notifiable disease reporting from clinical laboratories: comparing automated reporting with conventional methods. JAMA 1999;282:1845-50.
  • Overhage JM, Grannis S, McDonald CJ. A comparison of the completeness and timeliness of automated electronic laboratory reporting and spontaneous reporting of notifiable conditions. Am J Public Health 2008;98:344-50.
  • Klompas M, Lazarus R, Daniel J, et al. Electronic medical record support for public health (ESP): automated detection and reporting of statutory notifiable diseases to public health authorities. Adv Dis Surv 2007;3:3.
  • National Electronic Disease Surveillance System Working Group. National Electronic Disease Surveillance System (NEDSS): a standardsbased approach to connect public health and clinical medicine. J Public Health Manag Pract 2001;7:43-50.
  • Trust for America’s Health. Ready or not? Protecting the public’s health from diseases, disasters, and bioterrorism 2007. Washington, DC: Trust for America’s Health; 2007. Available at <http://www.healthyamericans.org/reports/bioterror07>.
  • Hing ES, Burt CW, Woodwell DA. Electronic medical record use by office-based physicians and their practices: United States, 2006. Adv Data 2007;393:1-7.
  • Yokoe DS, Coon SW, Dokholyan R, et al. Pharmacy data for tuberculosis surveillance and assessment of patient management. Emerg Infect Dis 2004;10:1426-31.
  • CDC. Case definitions. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/ncphi/disss/nndss/casedef/case_definitions.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ