一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)ブータン難民小児における栄養失調および微量栄養素欠・・・

MMWR抄訳

rss

2008/04/11Vol. 57 / No. 14

MMWR57(14):370-373
Malnutrition and Micronutrient Deficiencies Among Bhutanese Refugee Children - Nepal, 2007

ブータン難民小児における栄養失調および微量栄養素欠乏-ネパール、2007年

難民キャンプでは急性および慢性の栄養失調や微量栄養素欠乏が多く認められ、ネパール南東部においても難民に対し食糧が供給されいるにも関わらず、難民キャンプ(7ヶ所)の約100,000名のブータン人において微量栄養素欠乏が認められている。2007年1月28日~2月6日にかけて、United Nations High Comminnioner for Refugees(UNHCR)およびWorld Food Programme(WFP)の依頼を受けて、Association of Medical Doctors of Asia(AMDA)およびCDCによりブータン人難民キャンプの小児(6-59ヶ月齢)を対象に栄養調査を行った。調査対象は小児497名と母親413名であり、急性栄養失調(身長体重比zスコア<-2または浮腫を認める場合)は21名(4.2%)に認められ、1名(0.2%)は重度の急性栄養失調(同<-3または浮腫を認める)であり、月齢別では12-23ヶ月齢にて最も高率に認められた(6.0%)。慢性栄養失調(身長年齢比zスコア<-2)は134名(26.9%)に認められ、21名(4.2%)は重度の慢性栄養失調(同<-3)であった。全体で125名(25.1%)が低体重(体重年齢比zスコア<-2)であり、24名は重度の低体重(同<-3)であり、慢性栄養失調および低体重児は年齢とともに増加していた。貧血(Hb<=11.0g/dL)は215名(43.3%)にて認められ、年齢とともに減少していた(6-11ヶ月齢:78.8%、48-59ヶ月齢:20.1%)。口角炎は56名(11.3%)に発症し、調査前14日以内に下痢(24時間以内に3回以上)およびARI(発熱+咳または呼吸困難)を来した小児はそれぞれ30.0%、28.8%であった。母親では貧血(妊婦の場合:Hb<=11.0g/dL、妊婦でない場合:Hb<=12.0g/dL)を56名(13.6%)に認め、6ヶ月未満の子供に対し母乳のみを与えた母親は20名(4.9%)、3ヶ月未満の子供に母乳以外を与えた母親は314名(76.1%)に及んだ。今回の調査では、貧血を来している小児が多く認められ、WHOのガイドラインにより2歳未満の小児全てに対して鉄分の補給が推奨される。現時点では鉄や他の微量栄養素を含む乾燥粉末(Sprinkles)の供給によりある程度の効果が認められている。

References

  • World Food Programme. Food and nutrition handbook. Rome, Italy: World Food Programme; 2002.
  • Blanck HM, Bowman BA, Serdula MK, Khan LK, Kohn W, Woodruff BA; Bhutanese Refugee Investigation Group. Angular stomatitis and riboflavin status among adolescent Bhutanese refugees living in southeastern Nepal. Am J Clin Nutr 2002;76:430-5.
  • UNHCR/WFP Joint Assessment Mission. Assistance to Bhutanese refugees in Nepal. World Food Programme and United Nations High Commissioner for Refugees; 2006. Available at <http://www.unhcr.org/publ/PUBL/45f81e6a2.pdf>.
  • United Nations. How to weigh and measure children. Assessing the nutritional status on young children in household surveys. New York, NY: United Nations; 1986.
  • WHO Expert Committee on Physical Status. Physical status: the use and interpretation of anthropometry. World Health Organ Tech Rep Ser 1995;854.
  • Cohen AR, Seidl-Friedman J. HemoCue system for hemoglobin measurement: evaluation in anemic and nonanemic children. Am J Clin Pathol 1988;90:302-5.
  • United Nations Childrens Fund, United Nations University, World Health Organization. Iron deficiency anaemia: assessment, prevention, and control. A guide for programme managers. United Nations Childrens Fund, United Nations University, World Health Organization; 2001. Available at <http://www.who.int/nutrition/publications/en/ida_assessment_prevention_control.pdf>.
  • Weise Prinzo Z, de Benoist B. Meeting the challenges of micronutrient deficiencies in emergency affected populations. Proc Nutr Soc 2002;61:251-7.
  • Michaelsen KF, Weaver L, Branca F, Robertson A. Feeding and nutrition of infants and young children. [Chapter 6]. WHO Regional Publications European Series, No. 87:115.
  • Bhutta ZA, Ahmed T, Black RE, et al. What works? Interventions for maternal and child undernutrition and survival. Lancet 2008; 371:417-40.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ